在日中国人をくわしく

在日中国人をくわしく

 

「在日」は在日本ですから、外国人が日本に在住していることを意味します。

例えば観光ではなくて日本に在住しているアメリカ人を在日アメリカ人なんていいますよね。

 

日本では特別永住者のことを在日」と言い、たいていは「在日韓国在日朝鮮人」をさすことが多いです。

 

在日外国人における国籍の割合は、「在日中国人」、「在日韓国」、「在日朝鮮人」で半分以上を占めています。

つまり日本からお隣に位置するアジア人がかなりをしめているんですね

 

 

在日中国人の定義

在日中国人の定義

 

在日中国人とは、日本に在住している中国の国籍を持つ方です。

ただ中国とは厳密には中華人民共和国(香港、マカオを含む)と中華民国(台湾)の2国を言い、中華民国(台湾)は在日台湾人と呼ぶことが多いです。

プロ野球で有名な王貞治さんも在日台湾人ですね。

在日華僑ともいいます。

 

 

在日華僑と華人とどう違う?

在日華僑と華人

 

「華僑」は中国国籍を保持したまま海外に居住する漢民族のことを指します。

華僑は基本的には生活地の国の国籍を取得しません。

つまり、帰化をしないということです。

中国国外で生活しますので在外中国人」と定義できます。

 

それに対して生活する国の国籍を取る(帰化)人を華人と呼びます。

中国系日本人として土地に根付いて生活し続けます。

 

場合によっては国籍を取得していない、移住した親世代が華僑、その子供以降の世代が華人(華裔)と呼ぶことも。

 

アイデンティティーや国への帰属意識などは人それぞれで、なおかつ仕事や子供への環境などによって国籍をどうするかで変わってきます。